頭皮ニキビを防ぐ正しいシャンプーの仕方

更新日: 2017/08/02

頭皮ニキビができてしまうのはシャンプーの仕方が良くないのが原因の場合がありますので、正しくできているのか見直してみましょう。少しの心掛けで効果的な洗い方ができます。

正しいシャンプーのやり方

入浴前に髪の毛にクシを通しておく

シャンプーは洗う前の段階から準備を行うのがポイントなのですが、まずクシを通しておくことです。クシを通すことである程度の汚れを取り除くことができますから、それによってシャンプーによる洗浄効果を高めることができるのです。また、髪の毛同士の絡みを解消しておくことで泡立ちが良くなると共に、洗っている時に指が絡まって抜け毛になることも防止できます。もし指が絡まって強引に抜けてしまうと、それが炎症の原因になることもありますから、クシ通しを行い予防してあげましょう。

湯船に浸かり毛穴を広げる

汚れをしっかりと落とすためにも頭皮の毛穴を開いてあげることです。毛穴が閉じている状態で洗ってしまうと、汚れが残ってしまい頭皮ニキビの原因になってしまいます。特にシャワーだけで済ませる人は毛穴が開いていない状態でのシャンプーになりやすいですから注意しましょう。
毛穴を開くにはホットタオルを使用するか、あるいは湯舟に浸かることが大切です。理想としては湯舟にきちんと浸かることです。代謝を良くできますので発汗を促し、汚れが落ちる効果も高められます。時間がない時にはホットタオルで対策をするのが良いでしょう。

優しく洗う

次に洗う時のポイントですが、頭皮を傷付けないように優しく洗うことが大切です。頭皮をごしごしと擦ると刺激になるほか、爪でひっかいてそこから雑菌が浸入する恐れがあります。雑な洗い方をしている人は知らない間に頭皮に負担をかけてしまっていますので、丁寧に洗うようにします。
マッサージをする感覚で洗うのもポイントです。毛穴から汚れを押し出すような意識で揉みながら洗うことで洗浄効果が高まります。また、血行促進効果も得られますので育毛としても良いでしょう。

すすぎをしっかり行う

十分に洗ったらすすぎをしっかりと行うことが大切です。頭皮ニキビはすすぎが甘いことで発生していることもあるため、念入りにすすいで汚れやシャンプーの成分を残さないように心掛けるのが基本です。特に髪の毛の長い女性の場合、すすぎ残しが発生する可能性が高いですから、十分な時間をかける必要があります。
コンディショナーを使用する場合にも注意点がありますが、基本的には頭皮には付着させないことです。頭皮に付いてしまうと毛穴を塞ぐ原因になり頭皮ニキビの発生を促します。そもそもコンディショナーは頭皮の近くまで付ける必要はありませんので、根本から付けるような使い方になっている場合は注意しましょう。

コンディショナーも十分に流すのが鉄則です。流し過ぎると効果がなくなりそうなイメージですが、そんなことはありません。きちんとすすいでも髪を保護する作用は残りますので、ぬるぬるがなくなるまでしっかりとすすいでフィニッシュをしましょう。

頭皮ニキビ対策!おすすめシャンプーランキング


 

頭皮ニキビ

頭皮ニキビ

頭皮ニキビ

商品名カダソンスカルプシャンプーウーマシャンプープレミアムすっぴん地肌
商品画像ウーマシャンプートップフッター画像 すっぴん地肌
返金保証なし30日間返金保証30日間返金保証
口コミ評価review_5review_5review_4
即効性review_5review_4review_3
手軽さreview_5review_5review_3
肌への優しさreview_5review_4review_4
商品形状シャンプーシャンプーシャンプー
内容量250ml300ml200ml
価格3,218円3,460円3,480円
一日あたり53円56円112円

頭皮ニキビの原因と治し方!自宅でケア!薬用シャンプーランキング! TOP